REPORT

カワモクの風

朝礼の風景(2017.11.6)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2017年11月6日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント案内

PM営業部の神山より、イベントのご案内がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

11/18(土)、川越プリンスホテルにて「第60回小江戸塾」を開催します。毎年6回の開催を重ねてきた小江戸塾も10周年を迎え、60回の節目を迎えることができました。第1回公演からお世話になっている岡本誠司先生を講師にお迎えして、資産活用に役立つセミナーをお届けします。また、年内最後の開催となりますので、セミナー後には毎年恒例の交流会も行います。たくさんのご参加をお待ちしております。

◆詳細はこちら⇒第60回小江戸塾

 

●「綱引き部」優勝のご報告

川木建設社員の有志による綱引き部が、「川越市生涯スポーツフェスティバル」の綱引き大会にて優勝しました。綱引き部からのコメントを抜粋してご紹介します。

 

11/3(金)、川越運動公園で開催されました綱引き大会にて、念願の初優勝を飾ることができました。良い結果を皆さんにご報告でき、嬉しく思っております。次回は、来年の1月に開催される埼玉県綱引き選手権大会への参加を考えております。来年も優勝できる様、日々の活動を楽しみながら行っていきたいと思っております。

 

 

●鈴木社長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『何とかなるには~念入りに準備をしましょう~』について、社長の鈴木が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介いたします。

 

先日、新入社員との会話の中で、『お客様や人前で話すと緊張してしまう』という話がありました。実は私も同じで、立場上いろいろと話をする機会はありますが、何回スピーチをしても毎回緊張しますし、不安もあります。ですから、経験や場慣れというよりも、一番大切なことは準備であると感じています。準備をしっかり行った時は本番も落ち着いていられますが、準備を怠ればそれなりになってしまうでしょう。

ここで言う準備とは、堅苦しいものだけを指すのではありません。新聞を読んで知識を得たり、興味を持って勉強したり、人の話をしっかり聴いたりといった、日常の何気ないインプットこそが、いざという時にアウトプットされるのだと考えています。ですから、日々小さな情報も大切に得ることで、自分の糧になればと思っています。そうしたことを意識しながら、今月も皆さんと一緒に成長していきたいと思います。

 

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2017.10.30)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2017年10月30日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント報告

住宅不動産営業部の山﨑より、イベントのご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

10/28(土)・29(日)、土地情報ショップmikke!にて、ハロウィン感謝祭イベントを開催しました。開催の数日前から台風の接近が予報されていましたが、当日は100名を超える多くの方にご来場いただきました。悪天候にもかかわらず、これだけの方が足を運んでくださり、川木建設を支えてくださるファンの方がこんなにいらっしゃるのだと感激しました。これから先も、地域の皆様にどうしたら喜んでいただけるのかを考えて、仕事をしていきたいと思いました。

 

●「二級ファイナンシャル・プランニング技能士」を取得しました

PM営業部の神山が、「二級ファイナンシャル・プランニング技能士」の資格を取得しました。コメントを抜粋してご紹介します。

 

ファイナンシャル・プランニング技能士の試験科目には、相続に関する分野もあります。今年1月より、「相続勉強会」の講師を担当する中で、相続に関する知識を継続的に高めてきました。試験対策としての勉強以上に、深堀りをして調べる部分も多く大変勉強になり、結果として今回の資格取得にもつながったと思います。今後も知識を活かしていきたいです。

 

●伊藤部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『約束の先後~約束の順番を大切にしましょう~』について、総務部 部長の伊藤が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介いたします。

 

部署内や他部署間、またお客様とのやり取りの中で、ひとつの約束事として「報・連・相」があります。

上下の関係ですと、伝えたのに返事をくれないとか、なかなか相談をしてくれないといった悩みをお互いに持つこともあると思います。しかし、そこでただ待っていると、いろいろな問題が起きてしまいます。立場の上下に関わらず、まずは自分から積極的に情報を拾いに行く、というスタンスを持つことが大切ではないでしょうか。そうすることで、柔軟な対応ができるようになり、組織が強くなっていくと常日頃から感じています。

上司の立場としては、部下に対しての「報・連・相」を意識し、自分から相談することも心がけています。お互いの足りない部分をチーム力でカバーしながら、部として、組織として、対応していきたいと思います。

 

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2017.10.16)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2017年10月16日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●エピソード~会社としての対応力~

住宅不動産営業部の笹山より、お客様とのエピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

あるお客様がエアコンの故障でお困りの際、当社にお電話をくださいました。このお客様のご自宅は以前、当社で改修をさせていただいており、私の連絡先もご存知でしたが、その時は当社のチラシに記載された会社の電話番号にご連絡をいただきました。電話に出た社員がすぐに私に取り次ぎ、私も協力会社さんをすぐに手配でき、結果として一時間ほどで修理を完了することができました。

お客様はとっさに会社宛にお電話されたそうですが、『担当者に直接連絡するのと同じスピードで対応してくれた』と非常にお喜びでした。『これからも何かあったら川木さんにお任せしたい』とのお言葉もいただき、誰に連絡しても同じ対応ができる会社ということで感動しておられました。おかげさまで、新たなお仕事のお話もいただいております。今後も社員一丸となって対応していきたいです。

 

●エピソード~設計事務所さんからのお言葉~

工務部の板垣より、エピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

現在進めているプロジェクトにて、設計事務所さんが確認申請の手続きを進めてくださっています。その中で、ある協力会社さんに設計協力で構造計算をしていただきました。設計事務所の先生が協力会社さんの対応に感激され、『いつもきちんとした仕事で、対応も早くて素晴らしい会社ですね』とお褒めの言葉をいただきました。こうした協力会社さんとともに仕事ができることを、改めて嬉しく思いました。引き続き、皆様のご協力をいただきながら、プロジェクトを進行していきたいと思います。

 

 

●松田室長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『食生活を見つめる日~慎みを持って食事をいただきましょう~』について、企画室 室長の松田が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介いたします。

 

食生活は大変身近なもので、食糧について考える機会も少ないかと思います。私たちはたいがい、食べ過ぎてお腹がいっぱいになってしまうのが日常でしょう。

日本では飢えについて意識することはほとんどありませんが、世界に目を向ければいろいろな状況があります。

本日をきっかけに、食について改めて考えていきたいと思いました。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2017.10.10)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2017年10月10日(火)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●追木部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『磨きをかける~取り扱う物に愛情を込めましょう~』について、賃貸管理部 部長の追木が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介いたします。

 

あることが当たり前になっているモノがなくなってしまうと、大変不便なものです。

ひとつひとつのモノに感謝し、愛情を込めて使うことができれば、周りの人に対してもそうした気持ちが湧いてくるのではないかと思います。

まずは日々使っているモノを大切にしながら、業務にあたっていきたいと改めて感じました。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2017.10.2)

 

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2017年10月2日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベントのご報告

PM営業部の神山より、イベントのご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

10/1(日)、川越市脇田町にてルネスマンションの構造見学会を開催しました。近隣にお住まいの地主様や、ルネスマンションの建築をご検討中の方など、多数ご来場いただきました。百聞は一見に如かずということで、鉄筋コンクリート造の良さを実感していただけたと思います。現場も美しい状態でお見せすることができ、良い見学会となりました。

 

●イベントのご報告

住宅不動産営業部の栗原より、イベントのご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

9/30(土)、土地情報ショップmikke!にて、「はじめての家さがしセミナー」を開催しました。今後もより多くの方に情報をお届けできるよう、努めていきたいと思います。

 

●エピソード~きちんとした対応を~

住宅不動産営業部の笹山より、お客様とのエピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

弊社で耐震工事の施工を行った「時の鐘」周辺に、挨拶回りをしていた際のエピソードです。ご訪問した近隣の方々は『工事中の挨拶や対応が非常に丁寧だった』とお喜びのご様子で、そうした対応を見て当社にお仕事のお話をくださっている方もおられました。部署を超えて、会社としてきちんとした対応をすることが、信頼につながるのだと改めて感じられました。地域の皆様とのご縁を大切にし、私自身、これからもきちんとした作業やご挨拶を心がけていきたいです。

 

●鈴木社長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『ジョーカーの使い道~嫌な物事の見方を変えてみましょう~』について、社長の鈴木が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介いたします。

 

仕事をしていると、好きなこと・良いことばかりではありません。苦手だな、嫌だなと思うことがあったり、誰かと馬が合わないこともあるでしょう。私自身も苦手だと感じる人と接することもありますが、そうした時は、イチロー選手の言葉を思い出します。イチロー選手は以前、『まったく打たせてくれないピッチャーに対してどう思いますか?』というインタビュー質問に対し、『自分自身を成長させてくれる貴重な存在』だと答えていました。私もまったくその通りだと思います。

環境や他人は変えることができません。しかし、自分の考え方だけはいかようにも変えることができます。プラス思考で壁を乗り越えていけるよう、皆で頑張っていきましょう。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

Page 2 of 612345...Last »