REPORT

カワモクの風

朝礼の風景(2018.10.15)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2018年10月15日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●エピソード~『川木さんにお願いして良かった』~

工事部の金城より、お客様とのエピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

先月、ある現場のお引き渡しにあたり、オーナー様から『限られた工期で大変だったと思いますが、皆様のご協力で良い建物ができました。ありがとうございます』とのお言葉をいただきました。現在も二期工事にあたりオーナー様との打合せを行っており、そこでも『川木さんにお願いして本当に良かった』とおっしゃっていました。また、オーナー様の奥様から私に、『落ち着いた口調で話しやすい』とおっしゃっていただけたのも嬉しかったです。お引渡し後もオーナー様と良い関係が築けるよう、今後もしっかり頑張っていきたいです。

 

●大野部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『捨てられずにすんだ食品~感謝と共に食事をいただきましょう~』について、工務部部長の大野が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

 

本日のエピソードでは、食品の廃棄量を削減する取り組みについて取り上げられていました。これは、私たちが従事する建設業界においては、いかに壊されずに使い続けられる建物をつくるかというテーマに通ずる話でしょう。

これまでの建物は、20年、30年というサイクルで壊されたり、焼却したりする中でCo2が発生し、地球温暖化や環境破壊にもつながってきました。こうした課題を受け、国としても品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)を成立させ、長期優良住宅の認定制度を設ける等、せっかく建てた建物を50年、100年使っていこうと考える時代になってきました。

私たちの使命は、お客様のご要望に応える良い建物を提供することです。そして、建てた後もリフォームやメンテナンスを行い、世代を超えて長く使ってほしいという思いで建物を建てています。『川木建設に頼めば、長く使える良い建物が建つ』とお客様から信頼していただけるよう、しっかりとした思い、目的意識を持って、成長していきましょう。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2018.10.9)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2018年10月9日(火)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベントのご報告

大黒会事務局の長澤より、「いもほり収穫祭」についての報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

10/6(土)、川木建設創業150周年記念行事として、「川木建設大黒会 いもほり収穫祭」を開催しました。当日は天候にも恵まれ、当社社員および協力会社の皆様、そのご家族を併せて69名のご参加がありました。新入社員が企画に携わったビンゴ大会も好評で、小さなお子様からお年寄りまでお楽しみいただけるイベントになりました。

 

●安全表彰を受賞しました

工事部の鎌田が、全国建設業労働災害防止協会(建災防)の安全表彰「功績賞」を受賞しました。

今回このような賞をいただけたのは、諸先輩方が継続的に行ってきた安全活動の結果だと思っています。来年より、建災防川越支部の事務局にも関わらせていただくこととなりましたので、さらに気を引き締めてまいります。各作業所にも協力していただきながら、安全活動を推進していきます。

 

●エピソード~WIN-WINの関係~

工務部の板垣より、エピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

先日、リニューアルチームで工事を行った案件がお引き渡しを迎えました。この案件は、電気工事会社さんが受注した電気設備・空調設備の工事の中に、建設工事が含まれているというケースでした。いつもは私どもが、その会社さんに電気工事のお見積りをお願いしているのですが、今回は逆の立場で見積もりを提出し、結果として工事のお手伝いさせていただくことができました。こうしたお話がいただけるのは、協力会社の皆様と良好な関係を築いてこられたからこそだと感じています。今後もWIN-WINの関係を大切にしていきたいと思います。

 

●エピソード~台風前の緊急対応にて~

常務の金岡より、エピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

先週末の台風接近に伴い、ある企業様から当社に緊急対応のご依頼がありました。今回対応を行ったのは、当社もJV(ジョイント・ベンチャー)の1社として施工に携わった建物でした。初めは他社にご連絡されたそうですが、そちらでの対応が難しく、急遽、川木建設にご依頼くださったとのことでした。担当者のスピーディーな動きにより、お電話いただいた翌日にはすべての対応を完了することができ、大変お喜びいただくことができました。

また、ご依頼いただいた企業の社長様から、私宛にお電話もありました。担当した当社社員の個人名を挙げながら、『大変お世話になり、本当にありがとうございました』と感謝のお言葉をいただき、私も嬉しく思いました。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2018.9.18)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2018年9月18日(火)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベントのご案内

PM営業部の村田より、イベントのご案内がありましたので、抜粋してご紹介します

9/29(土)、「第65回小江戸塾」セミナーを開催します。『知識不足は資産を減らす~大家さんが知っておきたい税務・法律・不動産の知識~』をテーマに、資産活用大学 主宰 岡本誠司先生にお話いただきます。たくさんのご参加をお待ちしております。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2018.9.10)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2018年9月10日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●エピソード~『夏まつりが楽しみだね』~

総務部の久保より、エピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

今年の『かわもくふれあい夏まつり』開催にあたり、私は実行委員として近隣のお店にチラシの掲示をお願いしに伺いました。そちらの店舗では、お客様がお買い物をした商品を詰めるテーブルの前にチラシを貼り出してくださいました。開催後にお礼のご挨拶に伺うと、『チラシを見たお客様が、「今年もやるんだね、夏まつりが楽しみだね」とお話していましたよ』と教えてくださいました。今年は猛暑の中での開催となりましたが、楽しみにしてくださっている方がいらっしゃったことが大変励みになりました。今回の夏まつりの結果を次回に活かしていければと思います。

 

●鈴木部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『サービスの心得~信頼される対応を目指しましょう~』について、営業部部長の鈴木が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

お客様は会社を選ぶ際、私たち社員一人ひとりをご覧になって、『この人なら信頼できる』『この人に仕事を頼みたい』と思ってご依頼くださっていると感じます。

当社で実施しているマナー研修等、さまざまな取り組みを継続しながら、一人ひとりが「人」として信頼される対応を心がけていきましょう。

お客様に信頼された結果としてお仕事がいただけるよう、皆で成長していきましょう。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2018.9.3)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2018年9月3日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●「全国労働衛生週間」準備期間について

工事部の鎌田より、「全国労働衛生週間」準備期間についてのお知らせがありましたので、抜粋してご紹介します。

10月の「全国労働衛生週間」に先がけて、9月1日から準備期間が始まりました。全社を挙げて労働災害の撲滅に努めてまいりたいと思います。工事部においては、厚生労働省事業に基づく安全パトロールが8月31日に実施されました。また、今月も建設業労働災害防止協会によるパトロールが予定されています。建設現場は危険を伴う作業も多くございますが、各現場とも安全第一で竣工を目指して作業を進めてまいります。

不安定な気候が続いており、寒暖の差が熱中症を引き起こすこともありますので、対策をしっかり行って業務にあたりましょう。

 

●エピソード~『川木さんだから信頼しています』~

賃貸管理部の高橋より、お客様とのエピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

先日、駐車場をご契約いただいているお客様とお電話でお話する機会がありました。やり取りの中で、『川木さんだから信頼しています』といったお言葉をいただきました。これまで各担当者が行ってきた迅速な対応が、お客様からの好印象につながっているのだと感じました。私自身も、これからお客様と信頼関係を築いていけるような対応を心がけていきたいです。

 

●鈴木社長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『未来への一歩~企業の節目を大切にしましょう~』について、社長の鈴木が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

 

9月1日は当社の設立記念日であり、おかげさまで54期目がスタートしました。設立記念日は法人となった日ですが、当社にはもう一つ節目となる日があります。それは、商売を始めた日、すなわち創業記念日である5月1日です。来年の5月1日は当社が創業から満150年を迎える大きな節目であり、元号が変わる日と重なることも大変感慨深く思っています。

創業150周年を迎えるにあたり、社内外を含めた記念行事を多数企画しています。こうした行事は、会社を支えてくださった方々への感謝の気持ちを深める目的で行うものです。先日の「かわもくふれあい夏まつり」も記念行事の一環として開催いたしました。今後もさまざまな行事を通して、地域の皆様への還元ができればと考えております。

私たちは同じ目的を持つ仲間であり、そのために仕事をするという理念を掲げています。その目的とは、地域の皆様に喜んでいただき、私たち一人ひとりが人間として、企業人として成長することです。150年変わらぬ理念をこれからも大切にしながら、皆さんと共に一歩一歩進んでいきたいと思います。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

Page 1 of 1312345...10...Last »