REPORT

カワモクの風

朝礼の風景(2020.3.2)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2020年3月2日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●「年度末労働災害防止強調月間」について

工事部の鎌田より「年度末労働災害防止強調月間」についてのお知らせがありましたので、抜粋してご紹介します。

 

3月1日より、「年度末労働災害防止強調月間」が始まりました。年度を通じて最後の安全月間となります。事故のないよう、継続的にパトロールを実施してまいります。建設業界では、今年に入って埼玉県内でも2件の死亡災害が発生しています。現場での災害はもちろん、交通事故にも気をつけて安全意識を高めていきましょう。

 

●エピソード~「かわもく通信」が楽しみです~

工務部の佃より、エピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

先日、あるお客様と打合せを行った際、『手書きの「かわもく通信」をすごく楽しみにしています』とお話いただきました。お客様と打合せをする営業担当、設計担当はもちろん、会社全体の活動によってお客様との良いご縁をいただけているのだと実感した出来事でした。

 

●鈴木社長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『生涯の手習い~年齢を問わず学び続けましょう~』について、社長の鈴木が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

 

 

私自身、この年齢を迎えて「一生勉強」だなと実感するとともに、今までもっと勉強してくれば良かったと感じることもあります。

子供の頃は親に「勉強しなさい」と言われ、私も親になって子供に「勉強しなさい」と言ってきましたが、なぜ勉強することが必要なのでしょうか。それは成績を上げたり、試験で良い点数を取ったりするためではなく、いくつになっても学ぶ習慣をつけるためなのだと強く感じています。ですから、勉強の内容そのものよりも、勉強する癖をつけるために、子供の頃からその習慣を身につけさせることが大切なのだと改めて思っています。

一生学び続けることは、生きる術や糧を身につけることにつながります。仕事や私生活を通じて学び続け、これからも皆さんとともに成長していきたいと思います。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2020.2.17)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2020年2月17日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント報告

住宅不動産営業部の島村よりイベントのご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

2/15(土)・16(日)、川越市岸町にて木造注文住宅の完成見学会を開催しました。2日間で60名を超える多くのご来場があり、大変ありがたく思いました。これから住まいづくりをお考えの方も多数おられましたので、引き続きサポートさせていただきます。

 

●エピソード~川木建設にお任せしたい~

住宅不動産営業部の志村より、エピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

以前から当社とお付き合いのあるお客様より、ご自宅の売買と住み替えのご相談でお電話がありました。その際、『川木建設にお任せしたい』とのお言葉をいただきました。そのようにおっしゃってくださるのは、これまでに良い関係性を築いてこられたからだと感じます。自分自身も『川木建設に任せたい』『あなたに頼みたい』とお声掛けいただける営業マンに成長していきたいです。

 

●伊藤部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『生物を守るために~使い捨てを減らしましょう~』について、総務部 部長の伊藤が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

 

環境問題については、私が学生の頃からずっと騒がれてきました。『あと30年もしたら、地球が亡くなってしまう』これは約30年前、私が授業中に講師から聴いた言葉です。幸いにも地球はまだ残っておりますが、プラスチックゴミの問題然り、新たな課題が出てきています。今年は暖冬ということもあり、気候の変動も肌で感じます。こうした状況がどんどん進行してしまう前に、一人ひとりが想像力を働かせて、できることを一つでも行うことが地球への貢献になると思います。

環境問題は個人の問題でもあり、大きくは世界の問題でもあります。今自分にできることは何か、ひとつでもそれを見つけて続けていきたいと思います。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2020.2.10)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2020年2月10日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント案内

住宅不動産営業部の島村よりイベントのご案内がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

2/15(土)・16(日)、川越市岸町にて木造注文住宅の完成見学会を開催します。「365日はだしで暮らせる家」と題して、床暖房の心地よさを体感できるお住まいになっています。これから家づくりをお考えの皆様にご見学いただければ幸いです。

◆詳細はこちら→木造注文住宅 完成見学会

 

●松田室長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『喜んで働く~最上の仕事を目指しましょう~』について、企画室 室長の松田が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

 

本日のエピソードでは、人の働き方には様々な段階があり、その最上の段階は「働きそのものが喜び」である「喜働」だとされています。20年、30年と働いていれば様々な段階が訪れると思います。また、1年間や1ヶ月間の中でも様々な段階が巡ってくることもあるでしょう。経験年数に関わらず、日々のいろいろな感情によっても私達は様々な段階を踏んでいるのだと思います。

「喜働」という段階に至るのは難しいかもしれません。それでも多くの人は、そういう考え方ができればいいな、そういう働き方ができている人は羨ましいなと、感じることと思います。自分が良いなと感じることであれば、あの人は特別だから、自分にはできないからと思って立ち止まらず、それに向かって動くことを大切にしていきましょう。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2020.2.3)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2020年2月3日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント報告

営業部の堀江よりイベントのご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

2/1(土)・2(日)、さいたま市にて賃貸アパートの完成見学会を開催しました。現場近隣の賃貸オーナー様など、2日間で20名近くのご来場がありました。今後も皆様の土地活用、賃貸経営をお手伝いできれば幸いです。

 

●エピソード~内定者研修にて~

総務部の栗原より、エピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

今年4月に入社予定の内定者の皆さんが作成した会社案内パンフレットが、先日完成しました。このパンフレット作成は内定者研修の一環として行われており、私達がこの研修を行った初めての代でした。それから毎年継続しており、今年は私がサポートをする立場として関わってきました。皆さん作成作業を本当に頑張っていましたし、研修を通じて当社への理解も深まったのではないかと思います。入社まで引き続きフォローさせていただきます。

 

●追木部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『心に空所を持つ~自分の働きを客観的に見詰めましょう~』について、賃貸管理部 部長の追木が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

仕事をする上で、皆さんにはそれぞれ役割・使命があると思います。自分の担当業務であったり、工事部であれば担当現場であったり、そうした持ち場をこの機会に見直してみましょう。

個人として、さらに部門としての役割・使命もありますので、そういったところをもう一度振り返っていきたいとあらためて思いました。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2020.1.27)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2020年1月27日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント報告

住宅不動産営業部の遠藤よりイベントのご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

1/25(土)、「次世代住宅ポイントで得するリフォームセミナー」を開催し、20名のご来場がありました。たくさんのご参加があり、嬉しく思います。リフォームのご相談も多くいただきましたので、今後もサポートさせていただきたいと思います。

 

●イベント案内

不動産相続相談室の夢川よりイベントのご案内がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

1/29(水)より、「不動産相続勉強会」第5クールがスタートします。昨年末から予約が入り、全5回がすでに満席となっており、大変盛況な勉強会となりそうです。満席に伴い増席対応も重ねておりましたが、第5クールは予約受付締切とさせていただきました。4月から始まる第6クールにもご予約が入り始めている状況です。引き続き、第6クールの先行予約も受付いたしますので、たくさんのご参加をお待ちしております。

◆詳細はこちら⇛不動産相続勉強会

 

●エピソード~オーナー様訪問にて~

賃貸管理部の野口より、エピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

私は日頃の業務にて、賃貸物件のオーナー様のお名前を文字で拝見することは多くありますが、お顔がわからない方もいらっしゃいます。先日、オーナー様を訪問する機会があり、直接お会いする時間の大切さを実感いたしました。また、そうした機会をいただけることを大変嬉しく思いました。

 

●早川部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『仕事の伝承~担当業務の共有化を図りましょう~』について、住宅不動産営業部 部長の早川が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

 

「仕事の伝承」という言葉を耳にして、私が思い至ったのは伊勢神宮で行われる式年遷宮です。20年に一度、社殿を移築するのは、後世に技術を伝えていくという意味合いもあると聞いたことがあります。昔の平均寿命からすると、20年というのは長いスパンだったのではないかと思います。

「業務の共有化」に関しては、その反対語は「属人化」かと思います。特に営業職は属人化傾向が高いと言われます。属人化は短期的には良い結果をもたらすこともあると思いますが、長期的に見ると損失のほうが大きいのではないかと感じます。業務を平準化して共有することで効率が上がり、働き方改革にもつながると思います。良いことはもちろん、悪いことや失敗したことこそ共有化を図って、改善を継続し、皆で業務効率を上げていきましょう。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

Page 2 of 2612345...1020...Last »