REPORT

カワモクの風

朝礼の風景(2020.1.20)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2020年1月20日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント報告・案内

住宅不動産営業部の福田・遠藤、営業部の村田よりイベントのご報告とご案内がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

1/18(土)・19(日)、川越市大塚新町にて木造注文住宅の完成見学会を開催し、2日間で150名を超える大変多くの方にご来場いただきました。当社の「デザイナーズ住宅」の1棟目であり、見どころがたくさん詰まった建物です。こちらはモデルハウスとして3月まで公開予定ですので、ご興味のある方はお問合せいただければと思います。(福田)

 

1/18(土)、ウェスタ川越にて「第73回小江戸塾」セミナーを開催し、25組のご参加がありました。『空室対策会議』と題して、グループごとに分かれ参加者様とともに社員も加わってディスカッションを行いました。各グループとも大変盛り上がり、お客様同士も活発に交流されコミュニケーションをとっておられました。アンケートでも高い評価をいただき、実際に空室対策のご相談もあり、有意義なセミナーとなりました。

次回イベントは2/1(土)・2(日)、さいたま市にて賃貸経営実例見学会を開催します。1Kタイプ6世帯の木造賃貸アパートを公開しますので、たくさんのご来場をお待ちしております。(村田)

◆詳細はこちら⇒賃貸経営 実例見学会

 

1/25(土)、「次世代住宅ポイントで得するリフォームセミナー」を開催します。現在、国の施策として「次世代住宅ポイント」が発行されています。どのような要件を満たせばポイントがもらえるのか、概要を説明します。午前・午後の2回実施しますので、ご参加をお待ちしております。(遠藤)

◆詳細はこちら⇒リフォームセミナー

 

●「つな引き部」より大会出場報告

川木建設社員有志による「つな引き部」より、大会出場のご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

1/19(土)、久喜市総合体育館にて行われた、埼玉県大会に出場いたしました。結果は男女混合の部で3位となりました。今後の課題も見つかりましたので、今年の川越市大会連覇に向けて、引き続き練習に励んでまいります。これからも楽しみながら活動していきたいと思います。

 

●資格取得のご報告

総務部の春原が「日商簿記検定二級」の資格を取得しました。

 

このたび、「日商簿記検定二級」の資格を取得しました。今後の業務にしっかりと活かしていきたいと思います。また、社内にはさまざまな資格取得に励んでいる方がたくさんいらっしゃるので、皆さんに負けないよう、これからも勉強を続けていきたいと思います。

 

●杉田部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『書物を友とする~一冊の本に親しむ時間を作りましょう~』について、工事部 部長の杉田が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

 

私自身は日頃から読書をするという習慣がないのですが、それでも本を買おうという気持ちになることはあります。自分から意識的にそういう意思を持って、読書の時間をつくることは大切だと思っています。

読書をしないというのが今の意思だという人も、本を開きたいと思うタイミングは訪れると思います。また、同じ本でも読む時期によって惹かれる部分が違ってくることもあるでしょう。

一冊の本を読み返せるような心の余裕をもって、読書に親しんでいきたいと思います。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2019.12.23)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2019年12月23日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント案内

住宅不動産営業部の福田より、イベントのご案内がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

来年1月18日(土)・19(日)、川越市脇田新町にて木造注文住宅の完成見学会を開催します。こちらは外部の設計士さんと提携したデザイナーズ住宅ブランド『Familia(ファミリア)』の1棟目となります。外観や内部の造作建具など見どころが多く、通常の仕様とは異なるので、新たな住まいづくりのスタイルとして参考にしていただければ幸いです。

◆詳細はこちら⇒木造注文住宅 完成見学会

 

●イベント報告

不動産相続相談室の夢川より、イベントのご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

12/18(水)、本年最後の「不動産相続勉強会」を開催いたしました。2019年2月のスタートから1年弱でのべ106組というたくさんの方にご参加いただくことができました。地域情報誌をご覧になった一般の方のご参加も増えており、地域での認知度が少しずつ高まった1年であったと感じます。おかげさまで、来年開催の勉強会、個別相談にもすでに多数のご予約をいただいております。新たな年も地域の皆様が相続についての勉強、相談をお気軽にできる窓口を目指します。

◆2020年開催情報はこちら⇒不動産相続勉強会

 

●エピソード~素敵なプレゼント~

住宅不動産営業部の島村より、お客様とのエピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

昨年お引き渡しをしたお客様より、素敵なプレゼントをいただきました。それは、ご自宅新築の様子とお子様の成長を納めた写真をアルバムのように編集されたものでした。さらに、お住まいのポイントも併せてまとめておられ、家づくりに携わった営業担当者にお渡しくださいました。最後のページには、『私たちのお家づくりに関わっていただき、本当にありがとうございました。川木建設にお家づくりをお願いして本当に良かったな、その一言に尽きます』というありがたいメッセージも書かれていました。来年もたくさんのお客様に喜んでいただける住まいづくりをお手伝いしていきたいです。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2019.12.16)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2019年12月16日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●資格取得のご報告

工務部の明石が「二級建築士」の資格を取得しました。

このたび、二級建築士の資格を取得いたしました。無事に合格することができたのは、入社1年目の工事部での現場研修と、2年目に工務部に配属されてからの設計業務等を通し、実務と座学を密接に関連づけて勉強できたのが大きかったと感じます。さらなる目標である一級建築士を目指して、また良いご報告ができるよう引き続き頑張っていきたいです。

 

●エピソード~完成見学会にて~

住宅不動産営業部の関根より、エピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

先日、木造注文住宅の完成見学会が開催されました。私の親戚もたまたま見学に行ったそうで、その際の当社社員の雰囲気が良かったこと、また見学会を行った建物の防音室が素晴らしかったことに感動していました。自分が勤めている会社について、身近な人から褒めてもらえたことをとても嬉しく思いました。

 

●大野部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『ありがたい水~感謝して水を使いましょう~』について、工務部 部長の大野が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

水は私たちが生きるために欠かせないものです。生命を支え国を富ませるものであり、それ故に水を巡って争いが起きてしまった歴史もあります。

先日、アフガニスタンで命を落とされた日本人医師の方は、医師でありながらアフガニスタンの地に井戸をつくる活動もされていました。井戸をつくり、作物を育て、暮らしが豊かになることを願っておられたなかでのご不幸に胸が痛みます。

今年は河川の氾濫など水害が多く発生し、水の驚異を感じる場面が多々ありました。自然に対する畏敬の念、感謝の気持ちを持って水を大切に使いましょう。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2019.12.9)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2019年12月9日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント報告

住宅不動産営業部の福田より、イベントのご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

12/7(土)・8(日)、川越市的場にて木造注文住宅の完成見学会を開催しました。2日間で50名を超えるご来場があり、これから住まいづくりをお考えの方もいらっしゃいましたので、引き続きサポートさせていただければと思います。

 

●資格取得のご報告

営業部の齊藤が「宅地建物取引士」の資格を取得しました。

このたび、宅地建物取引士の資格を取得いたしました。私は今年の8月から不動産営業として活動しており、新たな業務を行うにあたり、同じチームの方からこの資格の取得を勧められたのがきっかけでした。資格取得を目指して勉強している内容と実際の業務が密接に関わっており、意義を持って勉強をやり切り、無事に合格することができました。勉強期間中は、同僚や家族の理解と支援を得ることができ、とてもありがたく思いました。資格取得はゴールではないので、学んだことを今後の業務に活かして貢献していきたいと思います。

 

●エピソード~出会いを大切に~

総務部の野村より、お客様とのエピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

当社が派遣採用でお世話になっている会社の社員さんとのエピソードです。その方は当社の担当者ではないのですが、代理としていらっしゃった際、とても親身な対応をしてくださっていました。お話を聞くと当社の近くにお住まいだと分かり、以前当社の営業担当社員と関わったこともあるそうで、『親身になって丁寧な対応をしてくれた』と好印象を持たれていたそうです。営業担当者の対応から、さまざまなご縁につながっていることを改めて感じました。

私自身の業務では、普段お客様と接する機会は少ないのですが、来客応対や電話対応で関わる場面があります。大小や損得ではなく一つひとつの出会いを大切にして、自分自身が納得できる対応、そして関わった皆様にご満足いただける対応を、今後も心掛けていきたいです。

 

●鈴木部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『カレンダーの活用~情報の共有化を図りましょう~』について、営業部 部長の鈴木が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

 

業務を行う上では良いことも改善点も出てきますが、そうした情報をチームできちんと共有して、改善していくことが大切だと思います。課題も問題もなく、すべてががうまくいくという会社はなかなかないでしょう。それらをいかに早くよく改善できるかが、その会社の発展、成長につながると思います。お客様が喜んでくださる姿を思い描きながら、自分たち自身もこの仕事をして良かったと思える環境を作るために、課題を放っておかないことを心掛けていきたいと思います。

寒い日が続いておりますが、体調管理をしっかりして頑張っていきましょう。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2019.12.2)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2019年12月2日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント案内

住宅不動産営業部の山﨑より、イベントのご案内がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

12/7(土)・8(日)、川越市的場にて木造注文住宅の完成見学会を開催します。見どころは何といっても防音室です。お客様が音楽を趣味にされていることもあり、プレミアム仕様の防音室をご採用いただきました。年内最後のイベント開催となりますので、盛り上げていきたいと思います。

◆詳細はこちら⇒木造注文住宅 完成見学会

 

●受賞のご報告

賃貸管理部の府瀬川より、受賞についてのご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

先日、賃貸管理会社さんが主催するセミナーイベントに参加いたしました。こちらの会社では、賃貸管理会社向けに各種システムの提供も行っています。教育関連や業務の効率化等、多岐に渡るシステムの中で、当社では外壁診断のシステムを導入しております。このたび、当社は同システム利用会社の中で、受注金額および件数が1位となり、表彰をいただきました。さらに、「スイッチ賞」と呼ばれる、業務改善や業績を上げた会社に対して贈られる賞も受賞することができました。今回の受賞を、今後の励みにしていきたいと思います。

 

●「建設業労働災害防止強調期間」のお知らせ

工事部の鎌田より、「建設業労働災害防止強調期間」のお知らせがありましたので、抜粋してご紹介します。

 

12月に入り、「建設業労働災害防止強調期間」が始まりました。それに伴い、今週から各現場の安全パトロールや安全協議会を順次実施してまいります。また、当社が加盟しております建設業労働災害防止協会 川越分会の現場パトロールも予定されております。昨今、鉄パイプの落下事故の事例がニュースになっていました。墜落事故、落下災害を絶対に起こさぬよう、社員の皆さんと協力して労働災害の撲滅に努めていきたいと思います。明るい新年が迎えられるようにしましょう。

 

●綱引き部より優勝のご報告

川木建設社員有志による綱引き部より、優勝のご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

12/1(日)、鶴ヶ島市で開催された綱引き大会に参加しました。おかげさまで優勝することができ、同大会にて2連覇を達成することができました。初参加のメンバーもおり、人数もギリギリで交代要員も不在の中、優勝できたことを大変嬉しく思います。綱引きは厳しい場面もある競技ですが、勝った時の一体感や達成感は、言葉に表せないほど大きなものです。今後も地域貢献の一環として、楽しみながら活動を継続していきたいです。

 

●エピソード~『この人なら信頼できる』~

賃貸管理部の高橋より、お客様とのエピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

賃貸管理部では、月次のご報告として、管理物件のオーナー様のご自宅を毎月訪問しております。私も訪問に同行した際、オーナー様と直接お話する機会がありました。ある方は土地活用を始めたきっかけについて、営業担当者の実名を挙げながら、『この人なら信頼できると感じた』とおっしゃっていました。私が普段、お客様と接する機会は、電話対応や書類のお渡しなど、わずかな時間であることがほとんどですが、話し方や接し方一つで会社に対する印象が変わるのだと感じました。今後も川木建設は、お客様にとってお付き合いしたいと思っていただける会社であるよう、私も業務に励んでいきたいと思います。

 

●エピソード~『川木建設を選んだ3つの理由』~

社長の鈴木より、お客様とのエピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

先日、新築住宅の地鎮祭が行われました。私は地鎮祭にて、お施主様にいつもお伺いする質問があります。それは、「どうして川木建設を選んでくださったのか」ということです。

このたびのお施主様であるご夫婦にもお伺いしたところ、『理由は3つあります』とおっしゃっていました。1つ目は、当社の現場見学会でいろいろな住宅をご覧になり、しっかりと提案して良い建物をつくっていると感じられたこと。2つ目は、営業と設計の担当者が親身になって話を聞き、しっかり応えてくれたこと。そして3つ目は、ご夫婦お二人がお勤めの職場にて、10数年前に当社に仕事を依頼した際、担当者の対応が非常に良かったとのことでした。その対応がずっと記憶に残っておられ、マイホームという一生に一度のお買い物にあたり、当社を選んでくださったそうです。このたびのご縁と、10数年前という過去から現在に至るまでの時間のつながりを、大変感慨深く思いました。

地域密着ならではのさまざまなつながりを大切にして、これからも日本一地域の皆様に愛される川木建設を目指していきたいと改めて感じました。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

Page 3 of 2612345...1020...Last »