REPORT

カワモクの風

朝礼の風景(2019.10.15)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2019年10月15日(火)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●エピソード~社内外の協力体制~

工事部の佐藤より、エピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

今回の台風19号上陸に備え、今年竣工したある建物の台風対策のための養生を事前に行いました。前回の台風発生時の状況も考慮して設計事務所の先生からも養生の依頼があり、私が対応していたところ、上司も駆けつけてくれました。また、この建物を施工中、一緒に現場を担当していた後輩も『何かあればいつでも呼んでください』と気にかけてくれました。台風が過ぎた翌日にお客様を訪問したところ、『事前に対応してくれたので、特に問題ありませんでした』とのお言葉をいただき、安心いたしました。

今回の対応を通じて、関係会社の皆様や、上司、後輩に支えられていることを改めて実感しました。今後も社内、社外の良い関係を継続して、新たな現場の工事を進めていきたいと思います。

 

●杉田部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『忘れられない言葉~指針とする言葉を実行しましょう~』について、工事部 部長の杉田が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

 

私が忘れられない言葉の一つに、若い頃に先輩から教えられた、『手ぶらで歩くな』という言葉があります。現場内を歩く際、『右手左手が空いているなら、木っ端の一つ、釘の一本でも持って移動すれば、それも皆の役に立つ』とよく言われていました。

当時は単純に、現場を綺麗にすればいいんだなと思いましたが、今振り返ると、「どんな時間・どんな立場であっても、いろいろな仕事ができる。そうした仕事は、役割にこだわらず、誰がやってもよい」ということを教えられたような気がしています。こうした言葉の一つひとつを人生に刻みながら、成長していければと思います。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2019.10.7)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2019年10月7日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント報告

住宅不動産営業部の島村より、イベントのご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

10/5(土)・6(日)、川越市豊田本にて木造注文住宅の完成見学会を開催しました。2日間で60名のお客様にご来場いただきました。これから新築やリフォームをお考えの方もいらっしゃいましたので、今後も皆様のサポートをさせていただければ幸いです。

 

●「かわもく野球部」より交流試合開催報告

かわもく野球部の府瀬川より、交流試合開催のご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

10/5(土)、当社が採用活動でお世話になっている協力会社社員の皆さんと、野球の交流試合を開催しました。両社合わせて50名ほどの参加があり、盛大に行われました。白熱した展開の中、結果は惜しくも敗れてしまいましたが、相手チームの若い力も感じられ、エネルギーに溢れた試合となりました。

野球大会の後は温泉入浴や川越散策を楽しみ、夜は懇親会も開かれました。さまざまなシーンで両社の社員が情報交換をしたり、交流を深めたりと、素晴らしい時間を過ごすことができました。

今回の交流試合は、今までにない新たな催しでした。部活動を通じて他社の皆様と交流をするのは、非常に良いことだと肌で感じました。また、野球も仕事もチームワークが重要であることを深く学べた一日となりました。

 

●エピソード~とても良い家ができました~

工務部の冨澤より、エピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

先日、あるお客様が新築されたご自宅のお引渡しがありました。同居型のお住まいということもあり、お客様も初めはいろいろとご不安があったそうですが、お打合せが進むにつれて表情も明るくなられ、家づくりを楽しんでおられるご様子でした。そして、お引渡しの際には、『とても良い家ができました。川木さんに建ててもらって本当に良かった!』とのお言葉をいただきました。お客様が家づくりを楽しむという気持ちでお打合せに臨んでくださった結果だと思いますし、その想いにお応えすべく、私たち社員も一生懸命サポートさせていただきました。大変素晴らしいお客様と出会えたことを嬉しく思い、ご報告させていただきます。

 

●鈴木社長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『規律を貫く~約束はしっかりと守りましょう~』について、社長の鈴木が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

 

規律や秩序というと組織や集団のイメージが強いですが、経営理念において「一人ひとりの成長が会社の成長につながる」と考える当社にとって、最も大切なのは自己規律であると捉えています。自己規律とはすなわち、自分を律することができるかどうか、ということですが、私自身もこの言葉と毎日戦っている一人です。

当社では、「一人ひとりが自ら考え自ら行動する」人材像を目指しており、当社の「行動規範」はそのための羅針盤とも言えるものです。一人ひとりが自分に打ち勝てるよう、皆で頑張っていきましょう。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2019.9.30)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2019年9月30日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント案内

住宅不動産営業部の島村より、イベントのご案内がありましたので、抜粋してご紹介します。

10/5(土)・6(日)、川越市豊田本にて木造注文住宅の完成見学会を開催します。今回のお住まいは自然の光と風を活かした「パッシブデザイン住宅」となっており、YKKAP様にもご協賛いただいております。たくさんのご来場をお待ちしております。

◆詳細はこちら⇒木造注文住宅 完成見学会

 

●大野部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『「一つ」に向かって~一人ひとりの力を一つに合わせましょう~』について、工務部 部長の大野が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

 

先日のラグビーワールドカップの試合で、日本は好成績を納めました。それを偶然や奇跡と呼ぶ声もありますが、試合後の選手インタビューを聞いていると、どこよりも厳しい練習をした当然の結果として勝利することができた、と自信を持っていることが感じられました。監督からの指示というよりも、自分たちが望んで厳しい練習を行い、勝つための方法を考えたことが強豪チームに勝利した要因なのだと思います。

私たちの仕事においては、お客様に喜んでもらい、仕事を通じて自己成長していくという大きな目標があります。時にはトップや上司の指示を受けて行う仕事もありますが、最終的には一人ひとりがどれだけ主体的に行動できるかが重要でしょう。お客様に喜んでもらうために何ができるか、自分でまだまだ甘いと感じる部分があればどう改善していくか、一人ひとりが考えることで良い結果が生まれると思います。ラグビーのように個々が一丸となって、大きな目標に向かって頑張っていきましょう。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2019.9.24)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2019年9月24日(火)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●エピソード~プロに見ていただけて良かった~

総務部の加藤より、エピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

このたび親族より、自宅のリフォームについて当社に依頼がありました。リフォームチームに対応してもらったところ、『対応が早く丁寧で、プロの方に見ていただけて良かった』と大変喜んでいましたので、ご報告させていただきます。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

●鈴木部長の言葉

川木建設の朝礼では、「職場の教養」という小冊子に掲載されているエピソードを元に、社員や、部門長が感想を述べます。 今日のエピソード『彼岸花~先祖に思いを馳せましょう~』について、営業部 部長の鈴木が感想を述べましたので、その内容を抜粋し、ご紹介します。

 

『先祖に思いを馳せましょう』ということで、会社においては歴史を築いてきた先人の存在があり、川木建設も創業から150年を歩んできて今日を迎えていること、改めてありがたいなと感じます。

営業として仕事がいただけるのも、これまでにいろいろなところで協力してくださった皆様のおかげだと思っています。たくさんの方の思いや努力が実を結ぶよう、皆で頑張っていきましょう。

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

朝礼の風景(2019.9.9)

川木建設では、毎週1回、全社員が集まり全体朝礼を行っています。
今回は、2019年9月9日(月)に行われた全体朝礼のリポートです。

 

●イベント報告

住宅不動産営業部の島村・志村より、イベントのご報告がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

9/7(土)・8(日)、川越市大袋にて木造注文住宅の完成見学会を開催しました。チラシをご覧になって初めてご来場された方もおられ、2日間で30名を超えるお客様が足を運んでくださいました。今後も皆様の住まいづくりをサポートさせていただきます。(島村)

 

9/8(日)、「住宅ローンまるわかりセミナー」を開催しました。台風の接近が心配される中、10名の方にご参加いただき、不動産についてのご相談もありました。今後も参加者様にお役立ていただけるセミナーを開催していきたいと思います。(志村)

 

●イベント案内

PM営業部の芳野より、イベントのご案内がありましたので、抜粋してご紹介します。

 

9/14(土)、「第71回小江戸塾」セミナーを開催します。資産活用大学主宰の岡本誠司先生を講師に迎え、『老後、2000万円をどうやって準備する?』というテーマに沿ってお話いただきます。このテーマは昨今、ニュース等でも非常に話題になり、皆様の関心も高いことと思いますので、たくさんのご参加をお待ちしております。

◆詳細はこちら⇒第71回小江戸塾

 

●資格取得報告

総務部の野村が「個性心理学認定講師・カウンセラー」の資格を取得しました。

 

「個性心理学」とは、人間関係を良好に保つための実学として活用できる学問です。私は採用活動に携わる中でこの資格を知りました。さまざまな企業でも組織構成やお客様との人間関係構築のためのツールとして使われている他、芸能・スポーツ・政治などさまざまな場面にも活かされているものです。この資格は活用してこそ価値のあるものだと思いますので、今後もさらに学びを深め、採用活動や内定者フォロー、部下育成等において実践し、日々の業務に磨きをかけていきたいと思います。(野村)

 

●お客様とのエピソード

賃貸管理部の府瀬川・住宅不動産営業部の笹山より、お客様とのエピソードの発表がありましたので、抜粋してご紹介いたします。

 

前回開催の「小江戸塾」セミナーにおいて、私たち賃貸管理部の社員3名が講師を務めました。開催1週間前、私がある賃貸物件のオーナー様をご訪問した際、その方は講師を務める社員の実名を挙げながら、『今回はぜひとも、何があっても参加します!』とおっしゃってくださいました。講師担当者にもその旨を伝え、私自身も大変嬉しく思いました。今後もお客様に信頼されるような対応をしていきたいと思います。(府瀬川)

 

今回の台風接近にともない、リフォームチームでは過去に工事をさせていただいたお客様に、『何かあったらすぐに対応しますので、ご連絡ください』と事前にご連絡をしました。すると皆様、『わざわざ連絡してくれて、本当にありがとう。何かあったら川木さんにご連絡します』とおっしゃってくださいました。本日も台風の影響が心配されますので、部署を超えて担当のお客様へのご訪問・ご連絡を行っていきましょう。(笹山)

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、私たち川木建設を、どうぞよろしくお願いいたします。

Page 5 of 26« First...34567...1020...Last »